• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

社長ブログ

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2009年8月10日(月曜日)  (中村 理)

ターゲットが全方向型

弊社では、ホームページ制作依頼を受けた時に、相手のビジネスを注意深く拝聴させていただきます。


当然、その中でターゲットと言う話があるのですが、ターゲットが広すぎる場合が多い。 例えば、洋服であれば、『女性』とか…。
これは、絞りこんでいるようで、女性ならば誰でも良いという、いわゆる『全方向型ターゲット』となっているケースが多い。

仮に、女性でも、デモグラフィック特性(物理的:年齢、住まいなど)、サイコグラフィック特性(心理的:趣味、考え方など)で分類しなくてはならない。特に現在では、重要なものは、サイコグラフィック特性と言われている。

しかし、この特性を分析する上でも、ターゲットが広すぎると、あいまいな特性しか得られず、例えば単に『女性』ではなく『家事に疲れてきて、リフレッシュをしたい40歳代の女性』とターゲットを絞り込むことで、ホームページの訴求力が劇的に変わってくる。

前者と後者は、デザインも大きく変わる。

全方向型ではなく、なるべく絞り込むことにより、ホームページの効果もあがるが、クチコミも発生しやすくなるのは言うまでない。