• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

サイトの編み進め方

サイトを制作するためには、編み物を一目一目ていねい編むように、
いくつものことを積み重ねて作っていきます。
どのようにしてサイトを作っていくのか、少しずつ紹介していきます。サイトの編み進め方

2010年7月23日(金曜日)  (国広 友紀)

ターゲットは誰か?

梅雨が明けたかと思えば、最高気温を記録する今年の夏。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
夏バテしないよう、しっかりと栄養と休養をとってくださいね。

さて、前回はホームページを作る際にはターゲットが誰か
はっきりさせることが必要という話題でした。
ターゲットによって好む言葉や色、デザインが異なってくるからです。

では、どうやったらターゲットをはっきりさせることができるのでしょうか?

商品やサービスを利用してもらいたい人や
企画した時に決めたターゲットでいいのでしょうか?

実は、それは間違いなのです。

実際にこのような例があります。
数年前のこと。
とある化粧品メーカーから、50代の女性に向けて企画された
高保湿の化粧品が発売されました。
パッケージにも「50歳からの」という文字が書かれています。
けれど、実際販売をすると、20〜30代の女性が買っていることが判明しました。
その理由を調べてみると
「50代に効くなら、20〜30代にはさらに効くだろう」ということでした。

このように、実際利用している人が
企画した時のターゲットと異なることがあるのです。

このことから、効果のあるホームページを作るには、
実際に利用している人をターゲットとする必要があるのです。
商品やサービスを利用して欲しい人ではなく、
商品やサービスを実際に利用している人は誰か。

もし商品を販売したことがないなら、実際に売ってみて、
お金を出して商品を購入してくれるのは誰か、
知ることから始めてみてください。

意外な人がターゲットかも知れません。