• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

社長ブログ

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2010年8月04日(水曜日)  (中村 理)

ホームページでの一番のメッセージとは?

前回は、AIDMAを説明しましたが、今回は、一番大事な最初の【A】である注意を喚起するキャッチコピーの話をします。

ホームページの直帰率は平均して、50%ぐらいです。つまり2人に1人は、ホームページを見た後すぐに、別のホームページを見に行っているということになるのです。

その時は何を見ているのかというと、サイト全体のデザインとキャッチコピーですね。

デザインは良くて当たり前になっていますが、現在、キャッチコピーは、まだまだの感があります。

ホームページは星の数ほどあります。そこで現在弱いといわれているキャッチコピーに力を注ぐことは、とても意味があるものです。


商品の認知度によって、実はキャッチコピーの種類が変わるのです。

【商品認知度】

■とても高い
見込み客は商品のことを良く知っているし、欲しいと思っている
→割引価格と商品名を入れる

■高い
見込み客は商品のことを少し知っているが、まだほしいと思っていない
→満足するイメージを鮮明にする、強調する

■普通
見込み客は商品の機能は必要としているが、あなたの商品のことは知らない
→ぼんやりとした欲求をくっきりさせる

■低い
見込み客は商品の必要性は感じているが、あなたの商品がその必要性を満たすことに気づいていない
→必要性と解決策を示す

■すごく低い
見込み客は商品をぜんぜん知らない、欲しいとも思わないし、必要性も感じていない
→関心や欲求をもたせる