• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2010年12月20日(月曜日)  (中村 理)

デッドエンドとは

ホームページで使う専門用語に【デッドエンド】というものがあります。

それは、あるページを最後まで読んだ時に、その最後に、何も押すボタンがないことを指します。

言葉どおり、袋小路ということですね。

良いホームページはこのデッドエンドがありません。

お客様がそのページを読み終わった時にどのような心理状態(何を知りたいか?何を読みたいか?)になるかを考えて、次のアクションが取れるように、ページの一番下にボタンを配置しています。

「一番下にボタンがなくても、ページの上部や左側にメニューがあるじゃないか!?」と考える人もいらっしゃいますが、最近は、驚きですが、そのボタンを探すことすら、実はお客様は面倒なのです。

このようなちょっとした設計が、お客様がストレスなく、ホームページを読んでくれるテクニックだったりするのです。

これはお客様だけではなく、ホームページオーナーにもメリットがあります。 ホームページをくまなく読んでくれるので、自社のサービスや商品により理解をしてくれるので、成約率(購入率)が上昇するのです。

自社のホームページに、もしデッドエンドがあれば、修正しましょう!!