• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

社長ブログ

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2011年7月11日(月曜日)  (中村 理)

垂直展開・水平展開

 今回は、ホームページを少しはなれて、僕がパナソニックに居たころに勉強したことをお伝えします。

商品の売上げを伸ばすのに、垂直展開と水平展開を考えると良いという話です。

垂直展開(リピート)とは、その商品を買って、もう一度買うことの頻度を上げることです。もし、その商品を買う機会が少なければ、その商品に付随した商品を買っていただくということです。
この事例として分かりやすいのは、インクジェットプリンターです。

本体価格は非常に安いものですが、いわゆる消耗品であるインクが高く設定されています。これは何度もインクは買うので利益をそこで取っているという例です。  

垂直展開としてはとても良い事例ですが、水平展開というほかの人に対して広がるのか?という点では、インクジェットプリンターでは劣っているかもしれません。そのプリンターを使っていて、口コミになるかどうかがポイントだからです。

つまり、そのプリンターを使っていて、人に話したくなるか?というのが大事になります。

水平展開が弱い場合は、それを強化しなくてはなりません。たとえば、今ならばスマートフォンから直接印刷できるとか、特殊なメールアドレスに画像を添付してメールを送ると、印刷できるとか…。何があれば人に話すのかを考えるのです。

その点、健康食品は、この垂直展開と水平展開を備えた商品が多いのです。健康食品は、商品がよければ、必ず消耗しますので、また購入します。つまり垂直展開がOKということですね。

もちろん、商品がよければですが、体に変化が起こりますので、それを見た友人が尋ねる可能性があると同時に自分が話す可能性があるわけです。それによって、水平展開もばっちりなわけです。
皆さんの商品の水平・垂直展開はどんな感じですか?