• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2012年1月10日(火曜日)  (中村 理)

マーケティングの基本

 最近、九州経済産業局の販路拡大アドバイザーでコンサルティングをしたりしているのですが、技術系の会社さんは、営業が弱いというよりも、その前のマーケティングが弱いというのが実感としてあります。

 そこで、今回は、基本的なところをおさらいしてみたいと思います。

?ベネフィット(お客様の利益)
お客様があなたの商品を買うのは、商品自体が欲しいのではありません。商品がお客様にもたらす何か良いこと、それを買っているのです。

●ドリルを買うのは、ドリルという器具ではなく、穴が欲しい

●コーヒーを飲むのは、黒い液体ではなく、リラックスが欲しい
これを明確にしておかないと、お客様に対して強調するポイントがずれます。

?競合商品と自社商品の強み
ベネフィットを満たそうとしているのはあなただけではありません。競合商品が存在します。その競合商品よりも、あなたの商品を買わなければいけないことをお客様に納得していただく必要があります。

?ターゲティング
貴方が、全ての商品を買わないという事実と同様に、自社の商品を全てのお客様が買うということはありません。評価してくれるお客様を定義して、そのお客様に商品を知ってもらわなければなりません。

?4P
前述の3つを考慮して、次の4つのポイントをまとめるのです。

Product(製品):売り物の商品・サービス
Price(価格):値段・価格体系
Promotion(販促):広告などを含む広い意味での売り方です
Placement(流通):販路

これができないと、商品を購入してもらうのはとても難しいものとなります。

皆さんも一度基本を見直してみるというのはいかがですか?