• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2008年3月21日(金曜日)  (中村 理)

潜在要求ニーズが勝負の分かれ目

  商品を強化するためには、顧客満足度を上げるのが良いと言われています。そのためには、手っ取り早いのは、アンケート調査!
 しかしながら、このように商品が多くなった現在では、アンケート調査に意味があるのか?という時代になってきています。つまり、アンケートであがってきた意見は、お客様にとっては、「当たり前の機能」ということになるのですね。

 当たり前の機能であれば、商品提供側でも思いつくものです。だから、アンケートをとったからと言って、商品が大ヒットするわけではないのですね。もちろん、だから無駄ということではありません。念のためという位置づけが現実的だと思います。

 また、アンケートは、皆さんが答える時に真剣に答えているでしょうか? アンケートに答えたときに、もらえるプレゼント目当てであったり、帰り間際にアンケートをとられるので、真剣に書かれている方は、たぶん少ないと思います。つまり、アンケート自体の信頼性も疑う必要性があります。

 ところで、アンケート結果から、商品機能を決定する方法があります。それは、品質機能展開(QFD)というものです。この手法は、長年の歴史があるので、やってみるのもいいでしょう。「QFD」でググってください。(*^_^*)

 さて、ヒットする商品とはなんなのでしょう? それは、「アンケートをとっても出てこないもの」ということになっています。

 今ヒットしている、Wii(ウィー)などは、アンケートからは出てきません。もう古くなった「たまごっち」や「プリクラ」とか…。

 潜在要求ニーズにこたえる必要があるのです。現代社会では、潜在要求ニーズに如何に答えたか?で勝負が決まる時代になってきました。これを探し出す方法も現在積極的に研究されているようです。

 弊社でも、この潜在要求ニーズはとても大事なものだと思っております。がんばらなくては! \(^o^)/ (お)