• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

webの辰人

「プログラマー辰人が、日々感じた事をおくるインターネット初心者向けのコラム」 ・・・かもしれないwebの辰人

2014年5月16日(金曜日)  (伊藤 辰彦)

まずは試してみる事。ダメだったら、戻せばいい。

MacBookAirを使っていますが、仕事で使うにはWindowsがあった方がやっぱり便利。
そこで私は、「Parallels Desktop 9」というアプリを使いMac上でWindowsを使っているのですが、最近困った事が一つ。
WindowsXPのサポート終了です。

Mac上で動かしている為、あまりストレージの容量やらメモリやらCPUやら使用させたくないなあとずっとXPを使っていたのですが、サポート終了ということもあり、Windows7に乗り換えることに。

「遅くなるだろうな」と覚悟はしていたのですが・・・
何と早くなりました。
起動も動作も終了も早いです。
しかも、使用されるメモリもストレージの容量もXPの時と対して変わらずに。

XPに最近のマシンはオーバースペック過ぎるとは言われていましたが、XPでは最近のマシンのスペックを活かしきれていなかったようですね。
ただ電池の減りが若干早くなったような・・。スペックをフルに活かすという事はそういう事かもしれません。

何事にも言えることですが、毛嫌いするのでは無く、まずは試してみる(駄目だったら戻せばいい)という事は、とても大事なのだなぁと実感した出来事でした。