• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

社長ブログ

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2015年3月27日(金曜日)  (中村 理)

本質が大事

多くの企業と通販の話をいたしますが、いわゆる受けがいいのは、残念ながら小手先のテクニックです。

例えば、商品購入者がFacebookなどで、シェアをしてくれるには、購入前ではなく、購入ボタンを押した後のお礼画面でやったほうがいいとか…。

見栄えの良い写真をそろえれば、…
検索エンジンの上位に表示されれば、…
Facebookで訴求したら、…
メールでフォローアップしたら…
申込みボタンを大きくしたら…
LINE@を使えば…

などなど、上記のような手軽な方法で売上をあげるような指南書が売上を伸ばしているのは、僕的には残念なのです。

考えていただきたいとのは、その商品自体の訴求が魅力的でなければ、そもそも購入はしないはずです。


つまり、テクニックよりも本質。


簡単に売上を上げる方法を企業は望んでいますが、簡単であれば、皆さん苦労はしないはずです。

訴求の方法については、僕のセミナーでも、何度も話をしていますが、まずは、ペルソナの設定まではいかなくてもいいですからターゲット。

続いて、このターゲットが商品を評価をしてくれる訴求ポイントの設定。

最後に同じようなサービスをしてる競合分析による差別化。

この3つが出来ているだけで、売上は相当変わります。 これを考えるには、とても時間がかかります。本質の話なので、当然と言えば、当然です。


正直に言えば、検討中に途中でやめたくなりますが…(笑)。