• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

社長ブログ

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2015年9月09日(水曜日)  (中村 理)

批評するよりも、試してみる

 スマートフォンの普及で、仕事の仕方が変わりました。

 わかりやすいのは、以前は、地図をプリントアウトして出張に行っていましたが、持ち歩かなくなったこと。(笑)

 社内で仕事を頼むのは、メールでしたが、Line。 スケジュールはホワイトボードに書いていましたが、google カレンダーを社内で共有し、どこからでも社員のスケジュールを把握できます。読みたい本は、持ち歩いていましたが、スマートフォンのKindleで、どこでも読んでいます。いずれも、無料のツールで実現できます。

 気づくと、いろいろなものが変わっています。

 ただし、このツールは、社員は気づいていても、社長がわかっていないケースがあるので、社内で普及するにも、上司が理解をしていないと、社内での普及が進みません。

 ITというのは、どの業種でも無視できない存在です。よって、社長自らが、使って、その有用性を確かめる必要があります。社内の業務効率化が進むからです。

 携帯電話を使っていて、スマートフォンの欠点を述べる方の多くは、僕の経験から言えば、スマートフォンを使ったことない人が大半です。

 使ったことがないものを批判をするというのは、「食べず嫌い」と同じであると思います。


 まず、自分が体験していないことを「批評するよりも、試してみる」こと。


 自分が利用しない理由で正当化を図るのでは、いつまでも進化できず、いつの間にか競争社会から脱落するというのは、言うまでもないのでしょうか?