• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

webの辰人

「プログラマー辰人が、日々感じた事をおくるインターネット初心者向けのコラム」 ・・・かもしれないwebの辰人

2016年1月25日(月曜日)  (伊藤 辰彦)

古いIEのサポートが終了しました。

Windowsに標準でついているブラウザInternet Explorer(以下IE)の古いバージョンが今年1月12日をもってサポート終了になりました。
IE6がサポート終了になるときはかなりネットでも騒がれましたが、今回はひっそりとしたイメージですね。

今後はWindowsのOS毎にIE最新バージョンのみがサポート対象となるそうです。
ちょっとわかりずらいのですが、まとめると、

◇Windows Vista
IE9

◇Windows 7、8.1、10
IE11


ということで、現時点ではIE11(VistaのみIE9)を使っていれば問題ないですね。

IEに限らず、ブラウザ等のアプリでは脆弱性(問題点)を解消するアップデートが定期的に行われています。
この脆弱性をほったらかしにしておくと、ウィルス感染などのリスクが高くなるわけです。

サポート終了した古いIEでは、このアップデートが行われませんので、古いIEを使われている方は必ず新しいIEを使ってください。



ちなみに、数年前まではブラウザシェアはほとんどIEでしたが、2016年1月現時点ではそれもだいぶ様変わりしたようです。

PCでのブラウザシェアでみると、Chrome(Google社製のブラウザ)が今のトレンドといえるのではないでしょうか。

IEシェア30%に対し、Chromeシェアが約35%と、IEのシェアを超えています。(日本での場合。なお、全世界ではChromeシェアは50%を超えています)
Chormeは、スマホで利用されている方も多いので、取っつきやすいのではないでしょうか。

WindowsだけでなくMacでも使えますので、この機会にChormeを使ってみるのもよいですね。

Chormeのインストールはこちら




また、ブラウザが新しくなっていくことで、古いホームページが正しく表示できなくなったりする場合がございます。
「ホームページを新しくしたいなぁ」と思ったなら、まずはお気軽にお問合せください。
リニューアルには自信があります!

AliveCastへのお問合せはこちら