• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

社長ブログ

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2008年8月25日(月曜日)  (中村 理)

開設されて間もないサイトは信頼できない

ショッキングなタイトルですが…。実は、2006年ごろに、Googleが採用しているエイジングフィルターというのがあります。

エイジングフィルタは、いわば「ドメインの年齢」を評価し、6ヶ月(?)未満のものは、たとえどれだけすばらしいコンテンツを持っていて、多くのリンクを持っていても、上位には表示されにくいというものです。

これは、SEO(検索エンジン上位表示技術)対策をするWebサイトが、自分のサイトを上位に上げるために、複数の自分自身で作ったダミーWebサイトからリンクをもらい、上位に表示させるのを防ぐために、導入された技術です。
一気に多くのWebサイトを制作し、自社サイトへリンクを張れば、万々歳というわけにいかないようになっているのです。

つまり、新しいサイトの相互リンクをもらっても、ほとんど効果がないということですね。

では、どのような点を気をつければいいのでしょうか?

?ドメインは早く取得し、コンテンツを一部アップしておく
もし、新規にサイトを公開することがはっきり決まっているのであれば、その時点ですぐにドメインを取得し、簡単なコンテンツを用意しておく、そのときには、ドメインを必ずGoogleに登録をしておく。

?ドメインをころころ変えない
サイトのコンセプトが少し変わったので、ドメインを新たに取り直して、引越しをすると、ドメインが新しくなるので、このエイジングフィルターに引っかかる可能性がありますので、なるべく同じドメインで引越しをしない

ということが考えられます。(お)