• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

webの辰人

「プログラマー辰人が、日々感じた事をおくるインターネット初心者向けのコラム」 ・・・かもしれないwebの辰人

2017年8月21日(月曜日)  (伊藤 辰彦)

プログラマーと睡眠時間

日本の生産性は、他の先進国に比べ、低いと言われています。
これについては、色々議論が取り交わされていますので、ここでどうこう言う気はないですが、
同じように日本人が他国に比べ低いといわれているのが、睡眠時間です。

よく日本では、睡眠時間は最低6時間必要だと言われてます。
これは、果たして大丈夫でしょうか?

一説には6時間睡眠の人の集中力は、お酒を飲んで酔っ払っている人と同等だという意見もあります。

また実際に1週間で睡眠時間による瞬発力の低下を図った実験では、
9時間睡眠の人の瞬発力はほとんど変化はなかったのですが、
6時間睡眠の人の瞬発力は、徐々に低下し、3日目(水曜日)で急に低下することが、わかっております。

これだけ見ると、
日本の生産性の低さは、睡眠不足による能力低下が関係しているのでは・・などと、考えてしまいますね。


とはいえ、なかなか十分な睡眠時間取れないというあなたにオススメなのは、以下の3つ!

① 水曜日は早く帰り、8・9時間睡眠時間をとる
② お昼寝をする
③ 瞑想をする(最低30分)

プログラマーという職種は、油断すると睡眠不足になりがちです。
出来る仕事人になる為にも、睡眠の質というものを改めて見直してはいかがでしょうか?