• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

社長ブログ

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2018年3月25日(日曜日)  (中村 理)

自分が幸せであれば、人を幸せにできるのは間違い


早速ですが…(笑)

まず、自分が幸せになりましょう。それから、人を幸せにできるのです。という話を時々聞くことがありますが、それは間違いだと僕は思っています。

自分が幸せだということを感じるときは、どういうときでしょう? 


おいしいものを食べたとき?

良い映画を見たとき?

お気に入りの服を買えたとき?


上記はお金を払えば、手に入れる『小さい』幸せです。 上記を達成できれば、果たして人を幸せにできるのでしょうか?

冒頭の自分が幸せになるというのは、もっと大きな幸せを定義していると思われます。よって、このことにより人を幸せにすることができるでしょうか?

では、もっと大きな『大きい』幸せを考えてみましょう。結婚や、家を買った。これはどうでしょうか? このことで、そのあと他の人を幸せにできるでしょうか?


自分が他の人を幸せにするという意識がなければ、決して、人を幸せにするタイミングは訪れることはないと思います。


間違いなく言えるのは、人を幸せにすると、自分を幸せを感じるということです。

人から感謝をされるとうれしく思いませんか?



人を幸せにすると、自分を幸せになる



これが、正解であると思います。


自分が不幸な時こそ、人を幸せにすると、『自分は人に役に立つ人間である』と自覚できます。
自分の価値を感じることができる。 自分に価値がないと思うときが一番不幸のような気がします。