• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2018年9月23日(日曜日)  (中村 理)

種を蒔かなければ花は咲かない

動いて動いて、はじめて活路が見える。

これは、ベンチャー(新しい市場を創造していく企業)をやり始めて、いつも肝に銘じていることです。考えているだけでは、ダメ。行動もしなくては。


弊社が提供しているExOrderは、実は数えきれないくらいピボットを繰り替えしています。新しい市場は、他社がやっていないことであり、実際に動かないとわからないことが多いからです。方向転換は当たり前という気持ちでやっています。

もちろん、動く前には考えてはいますが、考えすぎると、心配事が多くなり結局二の足を踏むことになり、時間だけ経過していきます。

花を咲かせようと思っても、種を手に持っているだけで、種を蒔くまけない状態ですね。良いアイディアがあっても、誰もやったことがないならば、試しに蒔いてみる。そうしないと花は絶対に咲くこともない。

また、それで花が変な咲き方をするならば、ピボットをしてみて、また蒔いてみる。
これの繰り返しです。

「勝ち」の反対は「負け」ではなく「あきらめ」であるという言葉も思い出します。


種を蒔いて、ピボットを繰り返し、「勝つ」まで続ける。大事なことだと思います。
いつか、この手本になりたい。そう思っています。