• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2017年8月10日(木曜日)  (中村 理)

「出来ない」と言うことは、難しい

九州松下電器で技術者であったときに、「出来る」、「出来ない」を素早く判断することが能力のある技術者であり、解決案がすぐに思いつかなければ、「出来ない」と答えるのが正解と思っていました。

ある時、当時の部長に、「仕事をしている上では、『出来ない』と言うのは、本来は難しいことなんだ」と教えてもらったのを、今でも覚えています。

つまり


一つでもできる方法があれば、出来ると言える。

すべての方法を否定できないければ、出来ないと言える。


仕事をするうえで、すべての方法を考えることは、難しいのは言うまでもありません。

さまざまな方法を考えることは、すぐにはできません。


だから、「出来ない」と即答するのは考えていない証拠につながるのです。


技術者は、仕事をするうえで、「出来る」、「出来ない」を答えるのは日常的に多いのですが、それ以来、出来ないと答えにくくなりました。



皆さんは、日常的に「出来ない」と言うことが、もしかすると習慣になっていませんか?

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン