webの辰人2020.12.22

目標設定の大切さを実感したこと

2020年も残すところあとわずかとなりました。
本年は皆さんにとって、どういう年でしたでしょうか。

コロナ禍という今まで味わったことのない未曾有の事態に
困惑した1年だったのではないでしょうか。

年始になると、年の目標や抱負などをたてたりしますが、
私が2020年の年始にたてたプライベートな目標が、
「少しでも子供と一緒にいる時間を作る」でした。

とはいえ、仕事の量は変わりませんし(というか増えてますし)効率化による時間短縮でも限界があります。
そこで考えたのが、「一緒にいる時間」が実現できればよいであれば、
家で仕事をすればよいか ということ。
自宅で会社並みに仕事ができる環境を作ることにしました。

今までは自宅で作業する場合は、ノートパソコンがメインでしたが、
ディスプレイな数など会社での作業効率には大きく及びません。


仕事用のデスクトップマシンを購入し、ディスプレイも2台に、
パソコンデスク・チェアも一新、
ついでに、自宅のインターネット回線も少し早い物に切り替えました。

するとどうでしょう。。。
余計なソフトが入っていないからなので、会社のPCよりも快適に動作するではありませんか。
雑音が入らない分、会社よりも仕事がはかどります。

その後、コロナ禍の影響でリモートワークの必要性に迫られ、
事前に環境を作っておいてよかったと、本当に思いました。

パソコン自体は持っていたわけで、大きな不満もなかったわけですから
年始にあの目標を立てていなければ、この環境を作ることはなかったでしょう。
「あれば便利だな」という意識でしかありませんでした。

目標があったからこそ、「あれば便利」から「問題解決の手段」に意識が変わったわけです。
目標の大切さを改めて実感しました。


皆さんは、今年の目標は達成できましたか?

このブログについて

「プログラマー辰人が、日々感じた事をおくるインターネット初心者向けのコラム」 ・・・かもしれない

webの辰人

itou.tatsuhiko