webの辰人2017.12.22

「創り出す力」と「愛情」

とある有名な方人が、Facebookで


先を見据えていない不勉強な人間ほど、無責任に否定する。
「否定には愛情はない」「創造には愛情がある」

と、語っていました。


それをみて、「まさにその通りだな」と感心してしまいました。


創造は、特別な力を持っている人のみが出来るような特別な事ではない、と私は思います。
否定する時間や労力を、創り出す時間や労力に費やしている。ただ、それだけだと思うのです。

「創り出す力」と「愛情」を持って、物事に打ち込む。
そんな姿勢や考え方が、クリエイティブな物を創り出すのではないでしょうか。


よく客先で、「アライブキャストはクリエイティブな事をしてますよね」などと言われますが、
当の本人(少なくとも私は)、あまりクリエイティブな事をやっている自覚はありません。
ただただ、一つ一つ課題を解決しようとしている。ただ、それだけのような気がします。


派手なものではありません。地味な仕事かと思います。
ただただ、一歩づつ前進して成長していく。
そういった仕事をやり続けることが、新しい物を創り出すのではないでしょうか。




アライブキャストでは、そうやって、一歩づつ一緒に歩んでいける仲間を探しています。
会社説明会を定期的に開催していますので、
興味のある方は是非ご参加ください。

このブログについて

「プログラマー辰人が、日々感じた事をおくるインターネット初心者向けのコラム」 ・・・かもしれない

webの辰人

itou.tatsuhiko