JavaScriptの情報共有2020.06.19

[JavaScript]関数の特徴

皆さんこんにちは〜
今回はJavaScript関数の特徴について幾つお話ししたいと思います。

関数本文は必ず中括弧で囲まなければならない
今回他の関数と比較することではなくJSのif文とかfor
文を利用する場合括弧なしで作成できるものと対比される特徴について述べています。

Returnというキーワードは関数で変換する値を指定するため使用する
制御の流れがreturn文を合うとすぐ現在関数で戻て該当関数を呼び出したコードに値を返します。「return」の後変換値がないと「undefiend」を変換します。

関数の印字は変数みたいに動作する
ただし、この変数の値を与えるのは該当関数ではなくその関数を呼び出す方から与えます。

関数の定義は他のプログラムの文章と同じ流れに属されない
パソコンが初めにJSを認識すると、初めから最後までロードしながら他の部分を実行する前に関連関数を予め保存する

関数内で作った変数は関数ないで通用される
関数ないで宣言された変数を地域変数といいますが、この地域変数の「scopes」はブロックとは関係なく関数全体に使用できるのが特徴です。
先の特徴のおかげでJSは「functional language」とも呼びます。
JSは他の言語とは違って変数の有効範囲を作り出すのは関数しかないです。
上位に定義されている関数はもちろん全てアクセスすることができます。

関数は値です
JSは関数を含まれた全てが値です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
var a = null;
function b() {return "B";}
(a || b)(); //b
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
( )は、’印字なしで呼び出すことを意味し、これを(a || b)という表現式に適用します。 関数が値を作り出すため問題なく実行されます。

今回は自分が勉強したJS関数の特徴について共有しました。
まだ不足な情報ですが、参考になったらいいなと思います。
不足な文章読んでいただきありがとうございます。

このブログについて

javascriptの勉強した部分を皆さんと共有したいと思います。まだ上手じゃないので説明が間違った部分があるかもしれませんが、よろしくお願いします。

JavaScriptの情報共有

jeon.insung