• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

javascriptの勉強した部分を皆さんと共有したいと思います。まだ上手じゃないので説明が間違った部分があるかもしれませんが、よろしくお願いします。JavaScriptの情報共有

2021年1月18日(月曜日)  (ジョン インソン)

データ型検査typeof()関数

みなさん明けましておめでとうございます。
今回もJSの情報を共有したいと思います。

JavaScriptの特徴のひとつは、変数を宣言するときに資料型を変えて使わないということです。
このような点が楽ですが、いざデータを受け取って活用するときは中にあるデータの資料型がどのようなものなのか区別できなくてつらいこともあります。
その時は資料型を検査して調べる必要があります。

typeof()



資料型を検査する時に使用するキーワードは、typeofです。
では、どのように使われるのか、alert関数と一緒に使われる例を見てください。

//文字列
alert(typeof(‘Hello World’)); //string
//数字
alert(typeof(2021); //number
//Boolean
alert(typeof(true)); //boolean
//関数
alert(typeof(function(){})); //function
//オブジェクト
alert(typeof({})); //object
//Undefined
alert(typeof(num)); //undefined

各コードごとにtypeof()のカッコの中にある資料型を出力してくれていることが分かります。
最後の例でundefinedが出力されるのは、numという変数が宣言されていないからです。
読み込まれる資料型が分からなくて処理が難しい場合、または特定の資料型である場合にのみ動作させたい場合、typeof()関数を必ず使用してください。

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン