JavaScriptの情報共有2021.10.15

JAVAとJavaScriptの差

こんにちは

今回はJAVAとJSのどの点が違うのかについて、説明をします。
私も最初のJSを勉強する時、JAVAとJSを紛らわしいかったトキがありました。

まず、この二つの言語は全く違う言語です。
でも、JAVAの人気はすごかったので、JSもJAVAの人気に乗るためにJavaScriptと作ったらしいです。
理由が単純すぎですね。(笑)

ともかく、この二つの違いは何なのか比較してみると。
二つもオブジェクト指向プログラミングという共通点がありますが、JAVAはオブジェクト指向プログラミング言語という点、JSはウエブプログラミングためのオブジェクト指向スクリプト言語という点で差を持ちます。

実行環境も差があります。
JAVAに開発されたプログラムはJAVAのJVMの上に実行され、環境構築のためJREやJDKを設置しなければなりません。
JSは開発されたアプリケーションをウエブ上に実行され追加環境構築は必要ない点があります。

JAVAはあらゆる環境で利用され、色んなOSに実行ができる独立な言語です。しかし、JSは色んなウエブブラウザに利用されJSが実行されるにはHTML、CSSに依存しなければなりません。

こんなに差があるのに最初勉強する時は似たような言語じゃないとか単純な考えをした自分自身が恥ずかしいですね。(笑)


このブログについて

javascriptの勉強した部分を皆さんと共有したいと思います。まだ上手じゃないので説明が間違った部分があるかもしれませんが、よろしくお願いします。

JavaScriptの情報共有

jeon.insung