JavaScriptの情報共有2021.11.22

AIが代わりにコーディングを?

こんにちは。
今回はJavaScriptと関連があるけど、ちょっと変わったテーマについて話そうと思います。

今回のテーマはコパイロット「Copilot」です。
コパイロットについて聞いたことはありますか?

コパイロットは、GitHubで今年6月29日に初発表された自動コーディングサービスです。
希望する機能をテキストで書くと、AIが書いたテキストに合った機能が実現されるようコーディングするサービスです。

初めてこのサービスを見て、AIが自動でコーディングしてくれるなんて夢のようなサービスだと思いました。
このツールはプレビュー申し込み後、許可が出ればマイクロソフトビジュアルスタジオコード(MS Visual Studio Code)で拡張プログラムとして設置し使用することができます。

それで、私もGitHubに2ヶ月前にプレビュー申し込みをして最近、使用可能だとメールが来ました。
思ったより時間がかかります。

一旦コパイロットはPython、JS、TypeScript、Ruby、Goなどのプログラミング言語で作成されたコードを提案します。

簡単なJSの関数やコードを作りたくて、作りたい関数やコードをテキスト入力すると、自動的にAIがいろんな形のコードを返事して本当に不思議でした。
たまに思い出せないコードや関数があるとき、情報を探す時間が減ってしまいそうと思いました。

しかし短所も存在します。
コパイロットは、実質的に開発者の作業を代替するのは無理だということです。
まだ、単純にコードを組むだけですから助っ人役にするのがすべてです。

そして、まだコパイロットはGitHubに乗っているコードで学習するため、オープンソースコードだとしてもライセンスごとに詳細な内容が違うといいますが、コパイロットはどのライセンスなのかを考えずに学習するため、ライセンス適用した原本コードと同じように作成して提示する場合もあるらしいです。

現在、コパイロットはプレビューで受けた批判とフィードバックを受け入れ、改善案を出さなければならないと思いました。
そして、これからこのようなサービスにドンドン会社とプログラマーがどのように反応するのか興味がわきますね。

このブログについて

javascriptの勉強した部分を皆さんと共有したいと思います。まだ上手じゃないので説明が間違った部分があるかもしれませんが、よろしくお願いします。

JavaScriptの情報共有

jeon.insung