JavaScriptの情報共有2021.12.17

JavaScriptのエラーについて

こんにちは

今回は、JavaScriptエラーについて簡単に見ていきたいと思います。
仕事や勉強をしていると、困難にぶつかります。
特に、間違いにあう時は戸惑ったりもします。
いくら見てもいいと思うけど。。。

優れた開発者の方なら、エラーメッセージを見るやいなや、パパパク問題をすぐに把握することができるでしょうが、私のような普通な開発者はエラーメッセージを見るたびに驚きの連続です。

JavaScriptでのエラーはTypeError、SyntaxError、EvalError、InternalErrorなど、大きくいくつかのタイプに分けられますが、今回はSyntax errorsとLogicerrorsを見ます。

*Syntax errors : コード上の構文エラーで大体スペルが間違って作動できなかったり、途中でプログラムが中止されます。
もちろんここからエラーメッセージが出力されるので確認できます。 コードエディタツールを使ってエラーメッセージの意味さえ把握できれば、十分に直すことがでます。

*Logic errors : 構文は正しいが、コードの意味自体が間違っている場合です。 すなわち、プログラムは正常に回るが、望む結果を得ることができない場合です。 エラーメッセージが直接的に表示されないため、通常構文エラーよりエラー修正が難しいです。

もし、ユニークなエラーメッセージに出会って慌てたとしたら、MDNにエラーメッセージの説明がちゃんと書いていますので、参考にするといいと思います。

このブログについて

javascriptの勉強した部分を皆さんと共有したいと思います。まだ上手じゃないので説明が間違った部分があるかもしれませんが、よろしくお願いします。

JavaScriptの情報共有

jeon.insung