• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

サイトを制作するためには、編み物を一目一目ていねい編むように、
いくつものことを積み重ねて作っていきます。
どのようにしてサイトを作っていくのか、少しずつ紹介していきます。サイトの編み進め方

2016年12月19日(月曜日)  (国広 友紀)

レイアウトを決めるには、まずターゲットを決めることが必要な理由

弊社ではヒアリングの際に、必ずターゲットをお伺いします。
男性か女性か、年代はどれくらいか、どんな仕事をしている人なのか、どんなことをしたくてサイトを利用するのかなどについて、今サービスや商品をお金を出して利用していただいている人からターゲットを想定していきます。

たまに「ターゲットはすべての人」といわれる方もいらっしゃいますが、ターゲットを決めて置かないと、実はデザインのテイストだけでなく、各要素のレイアウトも決めることが難しくなります。

最近は以前に比べてシンプルなデザインが主流になってきて、どんな年代であってもあまり装飾的な違いも少なくなってきています。

しかし、ターゲットがどんな人なのかわからず、レイアウトを決めることは、ターゲットがそのサイトを利用しやすいかしにくいかに関わってきます。

たとえば商品を販売するようなサイトにおいて、ターゲットが商品情報をただ比較したいのか、その商品の背景まで知り、共感した上で購入したいのか、それによって見出しや写真の大きさ、配置なども大きく変わります。

商品情報をただ比較したい人がターゲットなのに、商品の背景を延々と語るようなページは敬遠されてしまいますよね。

「誰にでも」はターゲットではありません。
ぜひ、制作を依頼する際には「サイトのターゲットは誰なのか」、今までの実績、もしくは新しく始めるサービスから想定をしてみてください。

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン