• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2018年11月12日(月曜日)  (中村 理)

誰のための仕事なのか?

現在、ありがたいことに、多くの企業様と連携をしてビジネスモデルを構築していますが、時々、「この仕事は誰のためにやっているのか?」わからなくなる時があります。 弊社は、BtoBモデルのビジネスモデルをやっていますが、当たり前のことですが、ビジネスモデルの利害関…

2018年9月23日(日曜日)  (中村 理)

種を蒔かなければ花は咲かない

動いて動いて、はじめて活路が見える。 これは、ベンチャー(新しい市場を創造していく企業)をやり始めて、いつも肝に銘じていることです。考えているだけでは、ダメ。行動もしなくては。 弊社が提供しているExOrderは、実は数えきれないくらいピボットを繰り替えしてい…

2018年7月09日(月曜日)  (中村 理)

やめることが最大の合理化である

最近社内でも会議が増えてきました。会議を短くするために、事前に資料を配布する。 会議の中でのゴールを明確にするなど、このような合理化のアイディアはたくさんでると思いますが、それを実施すると、また資料を配っていない、ゴール設定はしたが、そもそもゴールが間違っ…

2018年5月07日(月曜日)  (中村 理)

やりたいこと、やらなければならないこと、できること

職場では 「やりたいこと」、「やらなければならないこと」、「できること」 の3つの要素で仕事をしていると思います。一番成果が上がるのは、当然ながら、 「やりたいこと」×「できること」 だと思います。 でも実際は、 やらなければならないこと×でき…

2018年3月25日(日曜日)  (中村 理)

自分が幸せであれば、人を幸せにできるのは間違い

早速ですが…(笑) まず、自分が幸せになりましょう。それから、人を幸せにできるのです。という話を時々聞くことがありますが、それは間違いだと僕は思っています。 自分が幸せだということを感じるときは、どういうときでしょう?  おいしいものを食べたとき? …

2018年2月02日(金曜日)  (中村 理)

問題は、成長する

日常、私たちは小さなものから大きなものまで、問題を発見します。例えば、家に帰って鍵を開けようとすると、鍵が摩耗しているせいで、開けづらくなっているのを気づいたとします。 これをほっおくと、お分かりのように、いつか鍵を開けられなくなり、家に入れなくなって、鍵…

2017年12月04日(月曜日)  (中村 理)

みんなと同じ方法を選んで、並外れた機会を手にする人間はいない。

つくづく、このタイトルを思い返して、考えることがあります。 それは、 多くの人が言って、やっているから、それでうまくいくのか? ということです。 多くの人がやっているのは、だいたいが手軽であるということ。 多くの人がや…

2017年10月06日(金曜日)  (中村 理)

まだもう、もうまだ

私たちは、毎日のように、スケジュールに追われています。スケジュールの中でも大事なのは、もちろん、「納期」です。 納期が設定されているという仕事は、すぐに片付けることができません。いろいろな準備や多くの試行錯誤があるものですね。 このような仕事を取り掛か…

2017年8月10日(木曜日)  (中村 理)

「出来ない」と言うことは、難しい

九州松下電器で技術者であったときに、「出来る」、「出来ない」を素早く判断することが能力のある技術者であり、解決案がすぐに思いつかなければ、「出来ない」と答えるのが正解と思っていました。 ある時、当時の部長に、「仕事をしている上では、『出来ない』と言うのは、…

2017年6月05日(月曜日)  (中村 理)

基本に戻ることは恥ずかしいですか?

 先日、社内でアイディア会議をしたときに、アイディアを複数だして、どれがいいのか議論をしていました。長時間の会議で、結局結論がでず、疲れてしまったのです。  なぜ、時間がかかったのか?ということですが、アイディアの優先順位を検討する前に、どのような評価軸で…