• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2009年5月01日(金曜日)  (中村 理)

弱みは強み

「うちには特別に強みがない」、「うちの商品は普通だ」という話をよく聞く、また勘違いされているなと思う。強みや特徴というのは、ある立場から見た「主観」にすぎない。
 例えば最近インターネットで話題になりつつある携帯電話サイト。この商品の強みである(と宣伝されている)「手軽」・「誰でも使える」・「いつでも使える」は、携帯サイトサービス会社が考えた宣伝文句でしかない。

 もしWebサイト(パソコンサイト)を構築するサービスを売りたいなら、徹底的にWebサイトしか出来ないことを訴えればいい。当たり前だがWebサイトを見るということは「パソコン」を使うことである。「パソコン」は弱点でなく携帯電話には出来ない強みなのである。「パソコンを使うから大きな写真が見れる」・「パソコンを使うからこそ、高速通信ができる」・「パソコンは、キーボードがついていて…」等。
 私たちが信じている商品の特徴は、たいていの場合、宣伝によって植え込まれた情報にすぎない。何故なら、日本のような高度な消費社会においては商品自体の差はほとんどないからである。

 だからこそ、一見弱みに見えることが、強みになる。