社長ブログ2007.10.26

マッシュアップって何?

 これは、聞き慣れない言葉ですね〜。辞書によれば、以下のようです。

>>以下引用<<

 マッシュアップとは、IT用語としては、複数の異なる提供元の技術やコンテンツを複合させて新しいサービスを形作ることである。複数のAPIを組み合わせて形成された、あたかもひとつのWebサービスであるかのような機能が、マッシュアップと呼ばれている。

 「マッシュアップ」(MashUp)とは「混ぜ合わせる」というほどの意味である。もともとは音楽関係の業界でよく用いられてきた。まったく何もない状態から創造するのではないが、すでに在るものを用いて再び新しいものを創生する、というニュアンスがある。リミックス曲などがマッシュアップに相当する。

>>引用終わり<<

 Webサイトをお持ちの方は、もしかすると、知らないうちにマッシュアップを使っている可能性があります。我々が運用しているコーチングウィル(http://www.coachingwill.jp/)は、トップページはマッシュアップだらけなのです。(笑) もちろん全部ではないですが…(苦笑)

 コーチングウィルのトップページには、お天気情報、占い、名言集という表示があるのですが、これがマッシュアップです。 コーチングウィルでは、他のWebサイトのサービスを利用して、表示をしています。このマッシュアップは、単にバナーと異なり、表示するたび、または一定時間で自動的に表示が変わります。表示が変わらなければ画像を貼り付けるだけなので、それは、他のWebサイトのサービスを利用する必要はありません。

 有名なGoogleMapやAmazonアソシエートもマッシュアップの代表です。マッシュアップは、自分のWebサイトに簡単な、タグを挿入するだけで、実現できます。 コーチングウィルでは、Amazonアソシエートのマッシュアップも使用しています。 (参照:コーチングウィルのAmazonアソシエート) これはページ上にカートシステムがマッシュアップとして実現されています。 これを実現するには、Webサイトにほんの5行ぐらいを挿入するだけです。驚きですね!
 AmazonのWebサイトで提供されているカートシステム等を自分のサイトに簡単に実現できる。
 
 将来のWebサイトは、マッシュアップのパーツを自分で組み合わせるだけで簡単にWebサイトができるかもしれません。これまでの、HTMLをごりごり書いていくことから開放されるかもしれませんね。

 時代の進化は早いですねぇ〜。本当に…(苦笑) 

 そうそう、我々も近々にマッシュアップのサービスを開始する予定でいます!(お)

このブログについて

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!

社長ブログ

nakamura.osamu