• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2010年3月10日(水曜日)  (中村 理)

外部評価・内部評価

ホームページに、新しいイベントやサービスを掲載したいという相談ある。

もちろん、そのイベントなどが良いものでないと、掲載しても意味がない。 
その場合は、そのイベントの内容について、弊社は意見を言う。 

ホームページを制作する業者の行動としては範疇を超えてしまいそうだが、これは、良いホームページを作るためには、ホームページを見ているターゲットと合うのか? 合わない場合はあえて、情報を出さないほうが良い場合があるからだ。

主な理由は、読む人を混乱させる可能性がある場合。

こういう話は日常茶飯事だが、これよりも突っ込んだ話になる場合もある。「イベントをやる意味があるのか?」ということだ。

イベントの質は、外部評価(お客様からみて価値があるのか)と内部評価(自社からみて、費用対効果が見込めるものか)の両方の評価をした上で、実施するかどうかを決定する。

ここで間違えてはいけないのは、外部評価→内部評価の順番でやらなくてはいけない。
順番を間違えると、お客様にはあまり価値がないイベントをすることになるのはいうまでもない。

評価も、せずに面白いイベントをやれば、良いという発想は、人・物・金を無駄に消費しかねない。

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン