• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2011年5月26日(木曜日)  (中村 理)

ニーズとウォンツ

いくら立派なホームページを作っても商品やサービスが悪ければ、申し込みがないのは当然です。だから、ホームページさえあれば、どうにかなるという考え方は、危険なのです。

まずは、商品がお客様にとって購入する価値があるものか?を考える必要があります。


ニーズというのは必要性。顧客の立場で「○○しなければならない」と感じる場合には、ニーズがあると考えられます。それに対してウォンツというのは欲求。顧客が「○○したい」と感じればウォンツがあるのです。


商品に対しては、このニーズとウォンツの両方が高いものが、良いといわれています。


例えば、車の車検はどうでしょうか?ニーズは高いですよね。法的に決まっていますから。ただし、できれば受けたくないということでウォンツが低いのです。

このため、ウォンツを高めるサービスが必要です。30分で車検が終わるとか、30分間の間に好きなお食事がサービスで受けられるなどがウォンツを高める例なのです。


ニーズとウォンツを両方兼ね備えた商品やサービスはほとんどありません。

そこで、ニーズやウォンツを高める工夫が居るのです。自分の今の商品やサービスをこの視点で分析をすることが、売上げを上げる第一歩とも言えます。


皆さんは、ニーズとウォンツをうまく組み合わせてますか?

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン