社長ブログ2008.02.08

ホームページとWebサイトの違い

 ホームページとWebサイトどちらも同じでしょうか? ほとんどの方が、どちらも同じように使われているのではないでしょうか?

 しかしながら、今、「ホームページとWebサイトは違うんだ!」と言ってしまうと、逆に肩身が狭い感じがします。(笑)

 ホームページとは、例えば、AliveCastのURLで言えば、「https://www.alivecast.co.jp/」のことを指します。つまり、その大元のページをさすのです。「ホームのページ」ですから、そのページ単体を指す訳ですね。

 現在、ホームページという言葉はWebサイトそのものを指しているように、メディアも伝えています。
 よって本来のホームページという言葉は勘違いを招くので、大元のページは「トップページ」と言い換えているわけです。それ以外を「Webページ」と言い、その集まりをWebサイトと言います。

 先日、ホームページとWebサイトの違いを面白い解説をしているものを見つけました。

 「自分の会社のサイト」→「ホームページ」 つまり、自社をホームとして考えたのでしょう。
 「自社の商品のサイト」→「Webサイト」 自社以外のサイトをWebサイトとして考えたのでしょう。

 面白い解釈もあるものです。(笑)
 (お)

このブログについて

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!

社長ブログ

nakamura.osamu