社長ブログ2011.10.07

アップセル・クロスセル

 マーケティング用語にアップセルとクロスセルという言葉があります。アップセルとは顧客に「より上位のもの」を購入してもらうこと、クロスセルは顧客に「別な商品」も購入してもらうことを意味します。

 自動車販売はアップセルの代表的な例です。顧客が最初に購買した車を車検や定期メンテナンスでリレーションを保ちつつ、より上位の車の購入を勧めていく、という手法です。下取りも上位車を購入する上でとても効果的なビジネスといえるでしょう。

 クロスセルの成功例は、オンラインショッピングサイト「アマゾン」が挙げられます。オンライン書店としてスタートした同社は、顧客の希望する本で、同じ嗜好で他の顧客が購入した商品を「レコメンデーション(推薦)」して購買を促進(クロスセル)していくのです。

 少し宣伝になってしまいますが(笑)…弊社開発のネットショッピングカートシステムは、国内では数少ない、アップセル・クロスセルに対応しています。弊社が制作した「フジジン」様のサイトにも適用されています。

このブログについて

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!

社長ブログ

nakamura.osamu