• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2013年10月17日(木曜日)  (中村 理)

やり方を変化させる

 私たちは、仕事やプライベートでも、いつもやっているやり方を、繰り返していると思います。
 それは、当然効率が良いと思っているからです。しかし、それは単に、


 自分がやっているやり方の中でよいやり方にしか過ぎない


 ということだと思うのです。世の中には自分の知らないさまざまなやり方が存在しています。
もっと良いやり方が存在するかもしれません。これは紛れも無い事実だと思うのです。

 そうであるならば、もっと良い方法を探しながら前進を続けるべきなのです。

 実際に、新しいことを聞いたときに、「今、新しい方法に変えなくてもい出来ているからいい」と考えてしまうと、いつまでも変化をしません。


 出来ればいいではなく、いかに早く出来るか?
 出来ればいいではなく、もっと質を上げて出来るか?


 などが大事ではないでしょうか?

 そのためには、自分のやったことがないやり方を積極的に試していくことが大事だと思います。

 人から良いことを聞いたり、何かのきっかけで知ったら、評論家になる前に、まずそれを試してみる。新しいやり方を勉強するのは面倒だし、試している時には効率も落ちるかもしれません。また、試したことが時には失敗することもあるでしょう。 


 でも、試す前と後では従来のやり方に対して変化している可能性はあります。


 もちろん良いやり方であれば、その方法取り入れるのは言うまでもありません。

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン