• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2018年11月12日(月曜日)  (中村 理)

誰のための仕事なのか?


現在、ありがたいことに、多くの企業様と連携をしてビジネスモデルを構築していますが、時々、「この仕事は誰のためにやっているのか?」わからなくなる時があります。

弊社は、BtoBモデルのビジネスモデルをやっていますが、当たり前のことですが、ビジネスモデルの利害関係者(ステークホルダー)に対して、きちんとメリットを出さないとビジネスモデルを広げることができません。

よって、目の前の他社に対して、メリットばかりを強調していくと、いつの間にか相手の会社のメリットの優先順位が第一になりがちです。

BtoBtoCのモデルが多いのが現状ですが、最終のメリットを享受できるのが当然ながら、企業ではなく消費者になります。


■売上視点の優先順位
 ①相手の会社
 ②消費者

■顧客満足度視点の優先順位
 ①消費者
 ②相手の企業

売上を上げようと力を注げば注ぐほど、売り上げ視点の優先順位に陥り「誰のための仕事なのか?」ということを忘れ、顧客満足度視点の優先順位を忘れてしまいます。


正直に言えば、仕事に没頭すると、やっぱりいつの間にかこのような状態になるというのは否めません。
時々、原点に戻ることによって、自分の意識を引き戻す必要があるなと思います。


現在仕事として、電子プレミアム商品券やキャッシュレスなどのビジネスモデルを進めていますが、まさに「誰のための仕事なのか?」を忘れずに、進めていきたいと思います!