社長ブログ2019.11.06

プロは、手抜きをするが、アマチュアは完璧をめざす

仕事をしていると、プロならどんな仕事の仕方をして、素人はどんな仕事の仕方をするのかを気になると思います。

まず頭に浮かぶのは、プロは、スピードが速く品質の良い仕事をして、素人はスピードが遅く品質が悪いということだと思うのです。


なぜ、こうなるかは、プロは、仕事の中で、重要な箇所を知っているので、どこに注力すべきかがわかり、重要でないところを手抜きします。よって、これにより、仕事を仕上げるスピードも短くなり、重要なところは詳細になっているので、結果として品質が良い仕事になります。

素人は、仕事の中で重要な箇所がわからず、すべてに対して時間を投入し、結果的に重要なところに、十分な時間を割いておらず、スピードと品質面で劣るのです。


結論として、「プロは、手抜きをするが、アマチュアは完璧をめざす」という言葉となるのです。


ただ、これを理解したから、明日からプロのように手抜きをしようと思っていても、できません。仕事の重要な箇所は、やはり日ごろから何度も実践していた中で気づくことが多いからです。

よって、正確に言えば、素人の時には手抜きをせず、完璧をを目指し、繰り返し仕事をしていくことで、重要な箇所は何かを気づく知恵を獲得して、プロに近づいていくと思っております。

このブログについて

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!

社長ブログ

nakamura.osamu