新人クリエイターの奮闘記2022.05.13

新卒・新入社員がAliveCastで学ぶことが出来た、かけがえのないスキル #01


はじめまして。


AliveCast入社一年目、アシスタントクリエイターの西です。


今回から「新入社員として学んだこと」について書いていきたいと思います。



新卒で就活をしている方は、志望した企業に合格されたら初めての社会人となるわけですが、初めての社会人ということもあって、


・「この会社に入ったら何が出来るんだろう」


・「この会社での実務経験から何を得られるんだろう」


と、疑問に思われる方もいらっしゃいますよね。



私自身も、新卒求職者として何度も疑問に思っていた一人です。


疑問が残り続けると、学校に行っている時や遊んでいる時、食事中なども就活の事情がチラついてきて、ずっと不安だと思います。



そんな方々を救うため、新卒で新入社員の私が


「新卒・新入社員がAliveCastで学ぶことが出来た、かけがえのないスキル」


について、これから記事を投稿していきます。


仕事のやりがいや、業務をする上で学べていることを始め、さまざまな投稿をしていきますので、よろしくお願いします。



◎学生から社会人になってみて分かった「働く」という感覚


はじめに、学生から社会人になってみて分かった「働く」という感覚について、学生時代からの比較をしながらお伝えしていきます。



学生と社会人での感覚の比較はざっと以下の通りです。


◯学生でいた時


・基本的に「個人制作」が多くなってくるため、納期を「自分自身の都合」で決める。


・納期「ギリギリ」まで制作を行わずに、最後「バタバタ」と制作を終わらせる。


・制作する作品はあくまで「自分のため」に作るので、「自己満足」で作ってしまいがち。


・制作した後は、先生から指導を聞いて、再制作しない限り、「一回きりの経験」で終わってしまう。


◯社会人になってから


・一つの仕事を「チームで行う、管理する」ことが多いため、


「チームの人たちとの都合」を考慮して決める。

・納期に「余裕を持って」制作を行い、修正指示などに「対応する時間」を作る。


・制作する目的は「お客さまのため」なので、「お客さまが満足するもの」を作らなければならない。


・実行した後に、必ず社内・チーム内でフィードバックを行い、「次に生かす対策を練る」。



学んだことはこの他にもたくさんありますが、それはまたの機会にお伝えします。



上記の比較から見えてくるものを簡単に以下にまとめてみました。



◎AliveCastではどんなことを重視しているのか?


①タスクの管理


②納期の計算


③優先順位の設定


④より良い方法の模索



「比較した内容から何がいいたいの?」と思われた方もいるかもしれません。ご説明します。


上記4つの見えてきたもの、これが



「新卒・新入社員の方がAliveCastに入って、重点的に学び、成長できること」


です。



私はインターンなどで他社に行ったりしていたのですが、AliveCastではインターンの時点でも「このタスクは何時間で終わりそうか」「このタスクはどのくらいの優先度なのか」を意識していたため、その姿勢が強い感覚があります。


では、上記4点が具体的にどのように学べているのか。


それについては、また次回の投稿でお伝えしようと思います。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。





このブログについて

新人クリエイターである自分が、web制作を通して実感した成長やブログ・各種SNSでまとめた記事などを掲載していきます。

新人クリエイターの奮闘記

nishi.takaharu