サイトの編み進め方2020.12.29

オンラインでのヒアリングはどんな感じ?

AliveCastは本日が仕事納めです。

今年2020年はコロナの影響で、いろいろなことが今まで通りではありませんでした。年中マスクをしていたり、人混みを避けたり、人と会う機会が減ったり。

仕事においてもリモートワークやオンラインミーティングなど、今までとは違う働き方を行う必要がありました。サイト制作のご相談もオンラインを希望される方が増えています。

初めてお会いするのがオンラインというのは、私どもも最初は戸惑いがありましたが、オンラインミーティングが一般化してきたことで、最近はお客様の方も構えることなくお話いただけているなあと感じています。

私自身も先日オンラインでサイト制作のヒアリングを行いましたので、弊社ではどのようにオンラインでのヒアリングを進めるのか、ご説明したいと思います。

(1)事前にメールや電話で日時を調整
ヒアリングの場合、1時間〜1時間半ほど時間をいただきますので、まずは打ち合わせの日時をメールや電話で調整します。ご希望の日時を2〜3案ご連絡いただきます。

(2)Zoomの招待URLをメールでご連絡
日時が決定しましたら、Zoomの招待URLをメールいたします。

(3)予定日時にURLをクリック
メールのURLをクリックすると、ブラウザが立ち上がり、自動でZoomのアプリケーションからミーティングに参加できます。Zoomをまだ使ったことがない場合は、メールのリンクをクリックすると、Zoomのアプリケーションがダウンロードされます。

(4)ヒアリング開始
Zoomが繋がったら、挨拶と名前を伝えて、ヒアリング開始です。弊社ではヒアリングの際、お伺いした内容をマインドマップにまとめながら進めていきます。オンラインの場合は、画面共有でそのマインドマップを見ていただきながらお話を伺って参ります。

現行サイトや参考サイトなども都度画面共有でご確認いただきながら、ヒアリングを進めることも多いです。

(5)質疑応答と提案日のご確認
ヒアリングが一通りおわりましたら、提案や制作について気になる点等をご確認いたします。ご提案希望日などを確認し、おおよそのご提案日をご連絡してヒアリングは終了となります。

(6)ヒアリング内容の共有
ヒアリングの際にまとめたマインドマップについては、後ほどPDFにしてメールいたします。抜け漏れなどがないかご確認ください。


以上のような感じで、弊社ではオンラインでのヒアリングを進めています。対面とほぼ変わりなく、どちらかというとPC画面を見ていただいているのでマインドマップなどの情報共有などは対面よりもスムーズです。

もし、オンラインでのヒアリングをためらわれている方がいらっしゃいましたら、参考にされてください。ご不明な点なども遠慮なくご連絡いただければ、ご説明いたしますので、ご安心ください。

オンライン制作相談は下記お問い合わせよりご連絡ください。
お問い合わせ

このブログについて

サイトを制作するためには、編み物を一目一目ていねい編むように、
いくつものことを積み重ねて作っていきます。
どのようにしてサイトを作っていくのか、少しずつ紹介していきます。

サイトの編み進め方

kunihiro.yuki1