サイトの編み進め方2021.06.14

「こんなはずじゃなかった」にならないために。ホームページリニューアルを依頼する前にするべきこと。

ホームページをリニューアルはしたが「こんなはずじゃなかった」、「見た目はきれいになったがまったく成果に結びつかない」というようなケースは珍しくありません。その原因は、プロジェクト内で本質的な課題の確認ができていないからです。

そうならないために、ホームページリニューアルの際には「なぜ」「何のために」リニューアルをするのか検討を行ってください。

「何のためにホームページのリニューアルをしたいのか?」を考え、課題を一つ一つ洗い出してみましょう。

洗い出しが終わったら、それらの課題に優先順位を付けて、解決方法を検討しましょう。
その課題の複合的な対策手段がホームページリニューアルであるならば、リニューアルを行う必要があると言えます。

例えば、「ホームページへのアクセスを増やしたい」ためにホームページリニューアルを考えているのであれば、その課題が「ホームページの情報が少ない」からなのか、「デザインが古く、信頼感が得にくい」のか、「競合と差別化できていない」のか、「競合が多く、SEO対策だけでは集客できていない」のかなど、多くの課題があるかと思います。

もし課題が「競合が多く、SEO対策だけでは集客できていない」であれば、ホームページのリニューアルだけでは集客を増やすのが難しいことが考えられますので、まずはWeb広告などを実施してみる方が効果的かもしれません。

現状を何も確認しない、なんとなくのリニューアルはお金も時間も無駄にしてしまいます。

是非ホームページ制作会社に相談する前に、まず自社の課題を確認、解決策の検討を行ってみてください。

どのように解決していけば良いかわからない場合は、一緒に考えていくことも可能ですので、その際はお気軽にご相談ください。

> お問い合わせ

このブログについて

サイトを制作するためには、編み物を一目一目ていねい編むように、
いくつものことを積み重ねて作っていきます。
どのようにしてサイトを作っていくのか、少しずつ紹介していきます。

サイトの編み進め方

kunihiro.yuki1