WEBコンテンツ研究所2020.10.13

「よくある質問」も重要なコンテンツです!

こんにちは。
福岡のホームページ制作会社AliveCast
アシスタントプランナーの坂本です。

突然ですが、皆さんは調べたいことがあればどうしますか?
いつでも手元にスマホがある現代では「ネットで検索する」が
最も一般的な調べ方ではないでしょうか。

しかし、もしあなたが本気で知りたいことがあって、
ネットで検索しても見付かるのが答えではなく商品の売り込みばかりだったらどう思いますか?
おそらくその商品が欲しいとは思わないし、そんなページを作った企業への印象も
悪くなるのではないでしょうか。

アメリカのプール施工会社River Pools and Spas社はそこに着目した
コンテンツマーケティングの施策を打ち、大きく成長した事例です。
「見込み顧客の質問に対してきちんと向き合って答え続けていれば、
 見込み顧客を引き付けられるのではないか」と考え、
ひたすら自社に寄せられる質問に答えるだけのコンテンツを用意しました。
いわゆるFAQや「よくある質問」と呼ばれるような記事です。
その結果、リーマンショックで落ち込んだ売上をリーマンショックの前以上に伸ばすことができました。

◆みんなが一番聞きたいのは「値段」のこと
見込み顧客からまず聞かれる質問は値段ですが、施工を伴うプール設置工事では
現地を見なければ正確な費用を見積もることはできません。
しかし同社は「正確な費用は見積もりがいることは誰でも知っている、
みんなが知りたいのはおおよその費用感だ」という仮説
を立て、
値段の幅と一般的にどのくらいの価格に落ち着くことが多いのかを記事にしました。
その記事は掲載後24時間で検索1位となり、
同社内で最も成約率が高いページとなっています。

◆次に多い質問は「商品の選び方」
次によくある質問はファイバーグラス製とコンクリート製プールでは
どちらが良いのかという質問でした。
同社はファイバーグラス製しか扱っていないため、
普通であればファイバーグラス製のメリットとコンクリート製のデメリットのみ
伝えたくなるところですが、両社のメリット/デメリットを正直に記事にしました。
このようなコンテンツを掲載していくことで、
適切な商品を一緒に探してくれる信頼できる会社というイメージを獲得したのです。

◆人気のある記事を本にしましょう
コンテンツ量が増え、よく読まれている記事が分かってくると、
その内容を書籍にして提供することも可能です。
メールアドレス等を入力すれば無料でPDFファイルをダウンロードできるようにすれば
見込みが高い顧客の情報も獲得でき、さらに成約率を上げられるでしょう。

このブログについて

ホームページは作ったけど、肝心のコンテンツが思いつかない…そんなことで悩んでいませんか?

WEBコンテンツ研究所