新人クリエイターの奮闘記2022.05.10

カジュアル面談に参加してみませんか?

カジュアル面談に参加してみませんか?



お互いが気を張らずに話せる場所


「この会社気になるけど、いきなり説明会は…」「エントリーするか決めてないけど、ちょっと話は聞いてみたいな…」就職活動をする中でこんな風に思ったことはありませんか?
AliveCastではそんなあなたにピッタリなカジュアル面談を実施しております。お互いが気になることを気軽に質問し合える時間になっています。普段はなかなか話せないようなディープな話題も大歓迎です。


直接話すからこそ分かること


実際に最近入社した社員の声をご紹介します!


職種:アシスタントクリエイター(新卒)
名前:西隆晴


2022年4月現在、新入社員の西です。 アシスタントクリエイターとして日々、デザイン業務やコーディングを始め、さまざまな業務に取り組みながら早く一人前になれるよう、全力で勤めています。
私も去年、就職活動を行っていました。その際の就職の軸は、「熱意を持って、相手のためになる仕事をしていること」でした。 就職活動で大事なことは人それぞれ異なると思います。 給料が高いことであったり、場所が良かったり、待遇が良かったりなど、重視するべきポイントはさまざまですよね。 上記の「熱意を持って、相手のためになる仕事をしていること」という点が、 AliveCastを訪れ、面談をさせていただいた際に、他の会社よりも強く感じ、私は応募する決意をしました。
面談の際は1対1で話をする形態で、会社の基本的な情報をはじめ、なぜこの会社を始めたのかという過去の情報や、社内の雰囲気、社員の方々がどうしてこの会社がいいのか、など、通常の会社説明会で聞くことのできないようなことも気軽に質問をすることができます。



職種:アシスタントエージェント(中途)
名前:新地花菜


2022年1月に入社した、新地です。アシスタントエージェントとして、事務作業や他職種のサポート業務を行っています。
私は興味のあった「WEBに関われること」、そして「一緒に働く人」に重点を置いて就職活動をしていました。そんな私にとってAliveCastを訪問したことは、選考を受ける大きな決め手になったと思います。訪問時に会った社員の方がとてもかっこよくて、シンプルに素敵だな、一緒に仕事をしてみたいなと感じたのを覚えています。
人を知るには、直接話すのが一番です。自分の感覚全てを使って情報を得ることができますから。カジュアル面談のような機会があるのなら、どんどん飛び込んでみることをお勧めしますよ。


私たちはあなたを待っています


もし、あなたが「人の為になる仕事がしたい」「自分で考え、改善していくような仕事に携わりたい」と思っているのであれば、ぜひ私たちの会社のことをもっと知って欲しいです。そして、そんなあなたのことを私たちも知りたいと思っています。
仕事を行う上で、ただ黙々とこなすこともあるとは思いますが、自分で考え、自分からも提案し、自分で制作を行う。そんな会社は、おそらく少ないと思います。
少しでも私たち、AliveCastのことに興味を持っていただけたのであれば、まずはお互いを知るところから始めてみませんか?面談を希望される場合は、お気軽にお問合せください。


心よりお待ちしています。



株式会社AliveCastでは一緒に働く仲間を募集しています

ハッカー(プログラマー)
プランナー
Webデザイナー

このブログについて

新人クリエイターである自分が、web制作を通して実感した成長やブログ・各種SNSでまとめた記事などを掲載していきます。

新人クリエイターの奮闘記

nishi.takaharu