新人クリエイターの奮闘記2022.06.06

新卒・新入社員がAliveCastで学ぶことが出来た、かけがえのないスキル #02


こんにちは。


AliveCast入社一年目、アシスタントクリエイターの西です。



前回に引き続き、


新卒・新入社員がAliveCastで学ぶことが出来た、かけがえのないスキル


について、投稿していきます。



前回の記事で挙げた、


◉AliveCastではどんなことを重視しているのか?


①タスクの管理


②納期の計算


③優先順位の設定


④より良い方法の模索


から、


①タスクの管理


について、掘り下げようと思います。



AliveCastの業務で大事にしていること


まず前提として、AliveCast内で業務を行う際に大事にしていることをお伝えします。


①自分で考える


②自分で提案する


③自分で行動する


「①自分で考える」は、上司から業務を依頼された時に、
「何が目的か」「誰がターゲットか」について考えることを指します。


AliveCastは、業務をただこなす、というスタイルでの仕事は行っていません。この業務の目的は何かを考えることが、コミュニケーションの誤解防止や、社内外関係なく、新たな提案への役に立ちます。


「②自分で提案する」は、上記のように
自分で考えることで生まれてくる疑問・課題・改善案を、他者(社内外関わらず)に対して提案すること


を指します。
考えた後に、他者を納得させることができなければ、行動にも移せませんし、大きなリスクとなります。提案して評価をもらうことで業務の方向性の修正や、根本的な課題の見落としにも活用ができ、行動ができます。


「③自分で行動する」は、
考えたことが提案として通り、実際に課題解決のために行動することを指します。
考え、提案するだけでは課題の解決・成果達成には繋がりません。行動を起こし、結果を見直すことで、次の問題解決にもつながっていきます。




上記3つをここでは


「主体的な行動の3原則」と呼ぶことにします。(今、名付けました)


これから記述していく内容は、上記の内容を前提としてお話ししていきます。





優先度・重要度を明確化するタスク管理


前提として、「主体的な行動の3原則」をお話ししましたが、
それをもとに、AliveCastではタスク管理を行っています。


ここで質問ですが、上司からタスクを依頼された時、皆さんはどうしますか?
私自身は「上司が決めた納期までに終わればいい」と考えることが一般的だと考えていました。



でも、AliveCastではそうではないんです。


依頼されてから


「決められた納期までに」ではなく


「決められた納期よりも早く」終わらせることをとても大事にしているんです。




決められた時期よりも早く終わらせ、上司・クライアントに確認してもらう時間も押さえることができますし、確認後の修正の時間も確保することができるからです。


また、完了させるまでの納期も大切ですが、「どのタスクが最優先なのか」について考えることも大切にしています。




「優先度って何?」と思われる方もいると思います。大丈夫です、説明します。


AliveCastでの優先度としては以下の通りです。


AliveCastのタスク優先度


①お金が関わること


②人が関わること(社外)


③人が関わること(社内)


④自分のこと


AliveCastは、少人数だからこそのタスク管理を心がけており、入社してから2ヶ月の自分ですが、タスク管理に関しては未熟ながらかなり勉強・吸収させてもらっているので、2ヶ月でここまで習得できたことに感動しています。



今回は「◉AliveCastではどんなことを重視しているのか?」のうちの


①タスクの管理についてお話ししました。


次回の#03では、


②納期の計算 


についてお伝えしようと思います。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。



前回はこちら↓


・新卒・新入社員がAliveCastで学ぶことが出来た、かけがえのないスキル #01



AliveCastは「成果の出る」 ホームページ制作に特化した、
福岡市にあるベンチャー企業です。


■AliveCast https://www.alivecast.co.jp/


■リクルート https://www.alivecast.co.jp/recruit_pc/recruit.php



株式会社AliveCastでは一緒に働く仲間を募集しています




このブログについて

新人クリエイターである自分が、web制作を通して実感した成長やブログ・各種SNSでまとめた記事などを掲載していきます。

新人クリエイターの奮闘記

nishi.takaharu