webの辰人2021.11.10

私がAliveCastを選んだ理由


最近、とある学校で会社説明会を行ってきました。
説明会でもそうですが、新人さん達によく聞かれる内容として、
どうしてAliveCastを選んだのかと質問されることが多くあります。


10年も前になりますが、前職が販売系だった私はWebど素人でしたので、
夜間の職業訓練校に通っていました。

そんななかAliveCastに出会い、時間の空いている日中に、インターンとしてAliveCastで勉強させて頂いておりました。

インターン期間6ヶ月あったのですが、その期間の中でこの会社に就職したいと思った理由の一つに、
AliveCastなら、自分自身が成長できて、かつ会社も成長していくと感じたからです。


そう、少人数の会社の成長期でしか学べない事はとても多いのです。

たとえば、通常の会社では意見できないような経営判断などに対し、自分の考えを述べる事ができたり、
多種多様の仕事を1人でこなす場面も多く、たくさんの経験ができるからです。
もちろんそのためには、多くの事を自らすすんで学ぶ必要があり、なかば強制的に自ら勉強しなければいけない環境に身をおけます。

ばくぜんと夢や希望はもっているけど、何をしていいかわからない。私もAliveCastに入るまでは、そんな感じでした。
しかし働いているうちに、たくさんの課題ややりたい事が見えてきて、解決するためにはいろんな事を学び実践していく必要がありました。

もちろん、中途半端な覚悟では務まらないかもしれませんが、しっかり学び頑張る人間には、必ず成果がついてきます。


仕事が単調な作業の繰り返しになっている、会社のコマになっている、自ら何も成し遂げていないな、残業ばかりしているけど、将来自分がどう成長しているか見えてこない。
私は20代半ばでそう思い、エンジニアという職種を一度やめてしまいました。
その後、販売店の店長を経て、AliveCastに入ったのは、30も後半に差し掛かるころでした。
もし、20代だったら、その後の時間をもっと有効活用できていただろうなと、思います。

自分の経験を踏まえて、将来独立したいと考えている人や上を目指したい人は、AliveCastにぜひ来て欲しいです。

このブログについて

「プログラマー辰人が、日々感じた事をおくるインターネット初心者向けのコラム」 ・・・かもしれない

webの辰人

itou.tatsuhiko