• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

サイトの編み進め方

サイトを制作するためには、編み物を一目一目ていねい編むように、
いくつものことを積み重ねて作っていきます。
どのようにしてサイトを作っていくのか、少しずつ紹介していきます。サイトの編み進め方

2012年5月14日(月曜日)  (国広 友紀)

更新の計画を立ててますか?

5月になって過ごし易い気候になりました。
芝生にレジャーシートを広げて、寝転がるだけでも気持ちのいい時間を過ごせそうだなぁと思いながらも、私はなかなかそういう機会が持てないでいます。近くに芝生の公園でもあればと思う初夏です。

さて、今回はサイトを運用していく上で重要な「更新の計画」について考えていきましょう。

サイトを作ったら、そのままではいけませんね。
サイトを訪れる人は、最新情報を期待してサイトを見に来ます。
トップページに数ヶ月前の情報しか載っていないサイトでは、サイトの全体情報が古く参考にならないのではと思われても仕方ありません。

また、更新情報がないと、会社自体の経営状態まで疑われてしまいます。

定期的にユーザーに来てもらうためにも、つねに内容を更新していくことが重要です。

更新が滞らないよう、あらかじめサイト公開前に、更新内容の計画を立てておきましょう。

例えば、更新できる情報には新着情報、コラムやブログ、よくあるご質問などがあります。
週に1回、月に2回などの頻度と、担当者を決めておきます。

担当者は1人ではなく、社内で持ち回りで担当するのも、いろんな視点で情報を紹介できていいかもしれません。

公開前にあらかじめ記事を用意しておくことも、なれないサイト更新を定期的に行うのに有効ですね。

ちなみに、弊社では下記のようなものを利用して、サイトの更新をしています。担当者がコラムを更新したら、これを次の担当者へ渡すのです。