• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2012年12月04日(火曜日)  (中村 理)

ゲーミフィケーションとは?

最近ビジネスに、ゲームの要素を取り入れ売上を上げるゲームフィケーションという手法の例も増えてきました。

皆さんは、くら寿司に行ったことはありますか?
回転寿司チェーン大手の1社で、いつ行っても非常に混雑しています。
テーブルには「ビッくらポン!!」と呼ばれる仕掛けが設置されています。

食べ終わった寿司のお皿を各テーブルにある皿回収ポケットに入ると、5枚入れるたびに、注文用タッチパネルの画面でルーレットやゲームがスタートします。「アタリ」が出ると、設置されているガチャガチャから、オリジナルグッズのカプセルが出てくるというのが、この仕掛けです。

この仕掛けがあることで、つい「あと2枚食べてもう1度スロットにチャレンジするか!」となってしまいます。

特にファミリー層が主要な顧客層であると思われるので、お父さんは子供から「もっと食べて!」とせがまれる姿が容易に想像できます。一皿百円ですから「まあ2枚位いいか」と追加注文することで、お客さんもハッピー、企業側もハッピーという結果となるのです。

 このように、利用者が楽しくなるような仕掛けを通じて活性化を図るということは、リアルな店舗でも見られます。

 ゲーミフィケーションでは、このような仕掛けを汎用的に様々なサービスに施していくことを狙います。

 弊社の提供しているサービスでもゲーミフィケーションが適用できないか? 模索する毎日です。(笑)

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン