• FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業

社長ブログ

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2017年4月18日(火曜日)  (中村 理)

機会損失

 この言葉は聞いたことはあるのではないかと思います。

 たとえばワゴンに入っている商品を、店長より、本日売り切りなさいと目標設定をされたとします。客引きをしたあなたの努力のかいもあって、1時間で売り切ったとします。

 店が閉まるときに店長へ「1時間で完売しました!」と誇らしげに報告したあなたは、なぜか店長より、怒られました。


 目標を短時間で達成したのに、なぜ怒られたのか?


これが、機会損失です。倉庫にある商品をまたワゴンに追加したらまだ売れたかもしれません。


 販売者が最善の意思決定をしないことにより、多くの利益を得る機会を逃すことで生じる損失のことを意味します。極端な値引きのように通常の損は数値に出ますが、機会損失は目に見えないのが厄介なところです。


 機会損失はあらゆるところに潜んでいます。

 ①ターゲットがいないところで、一生懸命に営業活動をする
  例としては、若者向けの商品を、年配の人へ営業活動をする

 ②お客様の都合を考えず、販売者の都合を優先する
  例としては、通販ではクレジットカードを利用しなければ、いけないのに手数料が惜しいので 代引き販売のみで行い、多くのお客様を逃がす

 ③在庫を少ししか用意していなかった
  例としては、店の近くで若者のイベントがあり、若者向けの商品がすぐに売り切れてしまった。

 上記以外にもたくさんあると思います。


 機会損失は、よく考えていない時に発生しやすいものです。間違いなく考えなくてはいけないのは、自社都合ではなく、お客様都合を考えていく姿勢が大事だと思います。


 自社都合は、「そんなことやったことない」、「今まではこれでよかった」など思考が硬直しているときに発生しやすいものと思われます。


 仕事は、お客様都合。自戒をこめて。