• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2018年7月09日(月曜日)  (中村 理)

やめることが最大の合理化である

最近社内でも会議が増えてきました。会議を短くするために、事前に資料を配布する。

会議の中でのゴールを明確にするなど、このような合理化のアイディアはたくさんでると思いますが、それを実施すると、また資料を配っていない、ゴール設定はしたが、そもそもゴールが間違っているなど、

再び、改善するための改善が必要になったります。


なにかを実行するときに、

「どのように改善するか?」ではなく「無くすことはできないか?」と考えるとよいようです。


つまり、会議自体をなくすことはできないか? なくすために何を実行したらいいのか?

これを考えることが最大の合理化ではないかと思うのです。会社の内部ではいろいろやることが出てきます。改善するとさらに、業務が増えてしまい、社内業務が多くなって、実務ができなくなる。

これは絶対に避けなくてはならないと思っています。


まずは、改善より、「無くすこと」を考えてみる。このことを重視して、仕事を進めていきたいと思います!