社長ブログ2021.05.25

理想は大事

みなさんは、いろんなものに対して理想を持っていますか? ここで話をするのは、自分でコントロールできるものに対してです。

例えば、自分のキャリアプランやスキル、自分の体形など…。自分以外の人が絡むようなものは、コントロールが困難なので、あまり
理想を持つことはやめたほうがよいと思います。

また、理想の妻、理想の会社、理想の友人など、これは当然コントロールできないので、下手をすると対象となるものに不満をぶつけてしまう可能性があります。まさに不毛にですね。


理想には大きい理想と小さな理想があるのですが、理想を持つメリットは以下のことが考えられます。

①大きな理想:やる気が出る
たとえば、ただ毎日を過ごしているだけで、達成感がわかないので、やる気も出にくいのではないでしょうか?
理想がなければ、毎日毎日同じことの繰り返しのように思えます。そうなるとお金のために生きていることのように感じ、お金は生きるために必要なので、変な話ですが、生きるために生きている状態になるかもしれません。

理想があれば、今日、理想にどれくらい自分が近づいたかを知ることができます。もし全く進んでいなければ、改善をしなくてはいけないと思うことが出来ますし、進んでいれば達成感を得て、やる気もでると思います。

②小さな理想:問題を発見し、改善ができる
人は習慣によって問題を発見できない傾向にあります。慣れ親しんだことを毎日していくのは簡単ですが、これでは発展できません。

例えば身近な話で、ボールペンを使っているときに、かすれてしまう時があると思います。これはしょうがないので、かすれたら2度3度書き直せばよいという風に思うと、かすれること自体が問題ではなく、それで終わってしまいます。 理想のボールペンであれば、かすれがないというようになるのですが、そんなボールペンはあるのか?とネットで検索すると出てきます。このように、コントロールできる範囲で、物や事に対して理想を持っていると、改善ができるようになっていきます。

昔は、日常生活で問題だらけだったので、解決する商品を創れば売れていきましたが、今は、そもそも問題は何かと気づかない限り、新たな商品は作れないし、売れないという時代になりました。商品も理想を持つことが大事になってきました。私たちも日常に理想をもつことで現実とのギャップ(問題)を認識して、やる気や日常の改善に励みましょう!

このブログについて

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!

社長ブログ

nakamura.osamu