• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2011年1月27日(木曜日)  (中村 理)

情報はきちんと整理しよう

 お客様が商品を購入するときには、「その商品が良いだけで、購入するということはない」ことは御存知であると思う。

 例えば、店員の接客態度、店の雰囲気、わかりやすい位置に商品が配置していること…など。

 このようにさまざまな情報や条件が絡み合って、実際に商品を買っていただけるということだ。

 
 例として、弊社の独自調査で、温泉旅館のホームページでは、まずお客様は何が知りたいか? 温泉がメインと考えるお客様は、「温泉設備」→「旅館の場所」→「金額」→「料理」→「その他の設備の情報」→「温泉旅館の雰囲気」という順番でほぼ閲覧していくことがわかってる。

 このように自分の商品を購入していただけるお客様は、

【どのような情報が必要】で
【どのような順番で知りたい】のか

 を、きちんと仮説をたてて、商品のアピールをしなくては、途中で読むのをやめたりする。

 これは、ホームページに限らず、チラシなどの印刷物にも言える。

 商品だけの情報ではなく、お客様が気になる周辺情報をきちんと事前にまとめて、その順番を決めることが、成約率を向上させるためには必要なことなのだ。

AliveCastIPのみ表示されます

OK

管理側

残り

javascript css html VIEW側

php matchルーチン