• 株式会社AliveCastはプライバシーマークを取得してます。
  • 福岡市インキュベート認定マーク福岡県子育て応援宣言登録マーク
  • 株式会社AliveCastは国の認定を受けた異分野連携新事業(新連携事業)に取り組んでいます。
  • FVM大賞2015 優秀賞 受賞
  • 平成26年度福岡市トライアル発注認定事業者
  • 平成25年度福岡市ステップアップ最優秀賞 受賞
  • 平成25年度九州ニュービジネス優秀賞 受賞
  • JTBビジネスイノベーターズ Travel・Fintechビジネスコンテスト 最優秀賞 受賞
  • AEON Financial Service Innovation 2017 特別賞 受賞
  • 第17回MIT-VFJビジネスプランニングクリニック&コンテスト 正会員特別賞・マイクロソフト賞 受賞
  • 福岡県情報セキュリティ連絡協議会加盟企業
  • 福岡ベンチャーマーケットプレゼン企業
  • 福岡大学共同開発企業
  • 経営革新計画 第1936承認企業
  • 平成23年度九州地域中小企業事業家支援
    お助け隊事業アドバイザー企業
  • 平成23年度福岡市競争入札参加有資格企業
  • 特許第6372856号
  • 特許第6316654号

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!社長ブログ

2013年4月12日(金曜日)  (中村 理)

守りと攻め

 Webの設計のために、企業にお邪魔して、コンサルティングをする機会が増えてきました。

 Webは、単に「企業概要電子パンフレット」ではなく、「新たな販売チャネルのひとつ」であることを、ご理解していただける企業が多くなってきたからです。

 販売チャネルであるならば、やはり企業の戦略が表現されているものでなくてはなりません。

 現在、どの商品やサービスをどんなお客様に提供したいのか? なぜ、お客様は、その商品を使う必要性があるのか? 訴求するポイントは何か?など検討する項目が多いのですね。

 もちろん、どのような商品やサービスを提供するのか?という問いかけは大事な事にかわりませんが、注意をしなければならないのです。それは、「今」なのか?「未来」なのか?

 もう少し、かみ砕けば、「やらなくてはならないことなのか?」、「やりたいことなのか?」なのですね。

 当然、戦略として抑えるべきは、まず「やらなくてはならないこと」を実行し、「やりたいこと」を実行します。これが、「守り」と「攻め」になります。

 多くの会社さんを見ていると、「攻め」ばかりを実行し、「守り」が疎かになってしまうので、戦略を実行している間におかしくなっていくようですね。

 今の弊社に照らし合わせると「攻め」は、「ExOrder」で、「守り」は、「Webサイト制作」ですね。