社長ブログ2016.11.13

重要度が高く、緊急度が低いものは引き算で
















 仕事をするうえで、緊急度と重要度のマトリックスはとても大事な概念です。
 しかし、概念がわかっていても、実行ができなれば、意味がありません。

 緊急度が高く、重要度が高いものは、誰でも優先順位をあげて実行するでしょう。

 このセグメントは、何も言うことはないのですが、重要度が高く、緊急でない場合は、後回しにして、結局何もできていない状態に陥りがちではないでしょうか?


 わかっているけど、時間があればやる。


 これだから、時間を取る事は、永久に来ないのです。


 例えば、健康管理はこのセグメントに入ります。健康管理はきちんとやっておかないと病気として、緊急度が高く、重要度の高いセグメントに移動して出現します。


 やらないと最終的には、ダメージは受けるし、時間も取られてしまいます。


 では、どうするのか?


 まずは、このセグメントに入るものを書き出して、日常のスケジュールに落とし込むわけです。つまり、スケジュールは既に、重要度が高くて緊急度が低い物事を入れておくのです。

 そのあまり時間を使って、重要度が高くて、緊急度の高いものをこなしていくというのが基本です。


 スケジュールで、はじめから引き算をするのですよね。


 そうすると、どんどん緊急度が高く、重要度が高い物事が減っていくのです。


 一度試してみませんか? たぶん、毎日が楽になっていくことでしょう。

このブログについて

経営者としては、まだまだな自分ですが、失敗しながらも精一杯がんばっている姿を伝えていきます!

社長ブログ

nakamura.osamu