サイトの編み進め方2011.05.09

ホームページ制作の際に準備するもの

朝晩も寒く感じる日が少なくなり、
過ごし易い気候になりましたね。

私はようやく自転車を手に入れ、
これからたくさん乗りたいと思っているところです。
自転車いいですねぇ。
やはり徒歩だけよりも行動範囲が広がるし、
なにより気持ちいいです。

しかし、気になるのは紫外線…
帽子やUV対策の手袋は必要でしょうか?

さて、今回はホームページ制作を行う際に準備するものについて、
少し触れたいと思います。

ホームページを作りたい、と思ったら、
掲載する文章や写真が必要ですね。
基本的には制作を依頼する方が、
ご自身にてご用意いただくことになります。

ではどのようなものを準備すればいいのでしょうか?

まず制作を開始する前に、ターゲットは誰なのか、
どのようなホームページにするのか、
どんな内容(コンテンツ)を配意するのかといったことを
ヒアリングにて決めていきます。

会社案内やパンフレット等に加え、
その際に必要となった内容や項目について、
文章や写真をご用意いただくことになります。

その時、気を付けたいのが、
ターゲットが必要としている情報は何か、ということです。

まず、そのページを見る人に文章や写真を見てもらい、
次にどんな行動を起こしてもらいたいか考えて見ましょう。

アピールしたいことを伝えるにも、
自分が閲覧する側ならどのような情報があれば、
購入や問合せをしたくなるか考えてみることが必要です。
そうするとそのページで伝えるべきことも見えてくるはずです。

また、ホームページは書籍や書類に比べると、
たくさんの文章を読むには適していないと言われています。
見出しを作って、拾い読みでも内容がわかる文章にすることも重要です。

では、写真についてはどうでしょう?
まず、写真の数は多めに用意しておきましょう。
その中からホームページのレイアウトに適した写真を使用することができるからです。

実際にサービスを提供する人の顔やその様子などが見える写真は、
利用者は安心できるということもありますので、
ぜひご用意いただければと思います。

また、できるだけサイズの大きな写真をご用意いただくと、
加工等も行いやすくなります。

このようにホームページを作るときには、
ただ制作会社に制作を依頼するだけではなく、
ご準備いただくものがあります。

ホームページを作ろうと思ったら、
準備できるものからあらかじめ用意しておきましょう。
そうすると、制作もスムーズに行うことができます。

このブログについて

サイトを制作するためには、編み物を一目一目ていねい編むように、
いくつものことを積み重ねて作っていきます。
どのようにしてサイトを作っていくのか、少しずつ紹介していきます。

サイトの編み進め方

kunihiro.yuki1